1. HOME
  2. よくあるご質問
  3. 弁護士費用を考えると、費用倒れにならないか。
よくあるご質問

弁護士費用を考えると、費用倒れで、かえって高くつくのではないか。

被害者の方が保険会社と交渉して獲得できる示談金額と弁護士が獲得できる金額とでは、明らかに弁護士が獲得できる金額の方が高くなります。分かりやすくいうと、ご本人が交渉すると200万円で決着するケースでは、弁護士が交渉すると100万円増の300万円を獲得できると想定できます。弁護士費用が40万円だとすると40万円の費用をかけて、100万円の増額を得たわけですから、60万円の利益になり、費用倒れということはありません。ですから、弁護士費用をかけてでも依頼した方が得です。
弁護士費用以上の増額はありますので、安心して、ご依頼下さい。